協会ビジネスのあらゆるお悩みをご解決!

協会ビジネスなび

〒105-0001 港区虎ノ門3-23-6 秀和虎ノ門三丁目ビル7階 (日比谷線「神谷町」駅から徒歩3分)

営業時間
9:00〜18:00 
休業日
土日祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

03-3431-2829

2017年12月のブログ

日本最大級の終活イベント

一般社団法人終活カウンセラー協会は、大田区産業プラザPioで第5回『終活フェスタ2017 in東京』を2017年12月16日(土)に開催いたします。

昨今この「終活」という言葉を耳にする機会が増えてきたと思います。文字通りの意味を考えるなら「終わる活動」すなわち「死」への準備のように聞こえます。

しかし我々終活カウンセラー協会ではこの「終活」の定義をこのように考えております。

“人生の終焉を考えることを通じて自分をみつめ、今をよりよく自分らしく生きる活動”

第1回来場者2,100名・第2回来場者3,200名・第3回来場者3,500名・第4回来場者3,250名を動員し大盛況だった終活フェスタがパワーアップして2017年も開催します。

(@pressより)

 

既に4回開催しているという終活フェスタに関するプレスリリースです。

2回目以降は3000人以上を集めているので、今回もそれだけの人数が期待できるイベントになるのではないでしょうか。

終活という範囲が広い分野の協会ビジネスでは、こういったイベントが有効に働きます。

もちろん、人を集められればですが。

今週末に開催されますが、果たしてどれくらいの集客ができるのか。

注目です。

一般社団法人 国際人財交流協会がWEBサイトOPEN

インターンシップ、ワーキングホリデー制度により日本企業と台湾や中国(香港)の若者を繋ぐ「一般社団法人国際人財交流協会」がWebサイトを12月1日にオープンしました。

紹介だけではなく業態に合わせた人財のご提案することが可能です。 

3ヶ月~1年間日本に滞在し日本語、日本文化(おもてなし精神)、仕事スキルを働きながら学ぶ台湾、中国の若者の受入れに御興味のあるホテル・旅館を中心とした企業様を募集しております。

(ValuePress!より)

 

台湾、中国、香港の人財に日本語や日本文化を学べる機会をインターンシップやワーキングホリデーによって与える。しかも、業態に合わせた人財をご提案できるというのは、面白いと思います。

まさに協会ビジネスとして、しっかりと成り立ちそうなビジネスモデルです。

少子高齢化に伴い、労働人口が減り続ける日本においては、外国人採用も一つの人材採用難対策です。

私どもでも無料のアルバイト募集サイト「まいせるフー?」で外国人アルバイト募集ページを設けています。(サイトはコチラ

今後、この協会ビジネスはどのような展開を見せるのか。

注目です。

 

社団経由で資産承継

政府・与党は相続税の過度な節税防止に乗り出します。

一般社団法人を設立して相続税の課税を逃れたり、住宅を贈与して宅地にかかる相続税を減らしたりする節税策が広がっており、2018年度税制改正で具体的な対策を講じます。

相続税は15年から始まった増税で課税対象となる人が増えており、節税策を封じて課税の公平性を確保します。

(日本経済新聞より)

 

今回のような節税目的で作った一般社団法人は多いと思いますが、今後はどうすれば良いのでしょうか。

これから立ち上げるのは辞めるにせよ、既に立ち上げた者は節税にならないからといって清算するのではなく、活かす方法を考えるべきだと思います。

そのためには、協会ビジネスとして成り立つような一般社団法人にしつつ、かかる経費を抑えるべきだと思います。

抑える方法としてはアウトソーシングすることです。

協会運営に関して、「アウトソーシングで費用を抑えたい」もしくは「協会ビジネスとして収益力を高めたい」という協会様はお気軽にご相談ください。

 

無料スマホ「handy」導入支援活動開始

南宮城4市9町の日本版DMO候補法人である一般社団法人宮城インバウンドDMOは、客室備え付け無料レンタルスマホ「handy」を展開するhandy Japan 株式会社と地域情報発信プラットフォームとして観光地域づくりを支援する活動を開始いたしました。

第一弾として、株式会社バリュー・ザ・ホテルと連携したPR活動を行います。

同端末の導入支援を本日より開始し、インバウンド客向けインフラの充実と多言語による情報発信を施策の軸とし、2018年3月末までに当該地域で1000台の導入支援を目指します。

(PR TIMESより)

 

約4ヶ月の間に1000台というと大量に思えますが、1施設で100を超えるような客室があるホテルが導入すれば決して難しくないように思えます。

観光大国に日本がなるかどうかは、この数年にかかっていると思いますので、特に府満足度が高いインフラそして宿泊施設の数を対応していくことがカギになるでしょう。

今回の一般社団法人宮城インバウンドDMOのビジネスモデルは、協会ビジネスとして非常に興味深いので、今後の動向にも注目です。

 

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3431-2829

【営業時間】9:00〜18:00
【休業日】土曜・日曜・祝日