協会ビジネスのあらゆるお悩みをご解決!

協会ビジネスなび

〒105-0001 港区虎ノ門3-23-6 秀和虎ノ門三丁目ビル7階 (日比谷線「神谷町」駅から徒歩3分)

営業時間
9:00〜18:00 
休業日
土日祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

03-3431-2829

事業計画の策定支援

事業計画策定

事業計画書は羅針盤のようなもの

協会ビジネスを成功させるためにまず行うべきことは「事業計画の策定」です。

慈善事業を行う訳ではないのですから、計画を立てそれに則り協会を運営していくのが当たり前なのですが、ほとんどの協会ではこれを行っていません。

 

なぜ、事業計画を策定しないのか。

「やったことがないから分からない」「必要性を感じない」「誰も行う者がいない」など理由は様々でしょう。

 

事業計画を書面化した事業計画書は、ビジネス社会における「羅針盤」のようなものです。

ビジネス社会という大海原を羅針盤もなしに航海していては、目的地にたどり着くことはできません。

各協会の目的を達成するためにも、事業計画書の作成は必須です。

 

協会ビジネスの事業計画書を作成すれば、今後ビジネスの拡大にも役立ちます。

資金調達や個人・法人のパートナー探し、会員の獲得、業務提携などその用途は幅広いです。

協会ビジネスを成功させたいのであれば、まずは事業計画書を共に作り上げましょう。

事業計画書の作成支援

私どもでは事業計画書の作成を支援します。

事業計画書の必要性は理解できても、人手不足や経験不足から作ることができないという協会様向けに、私どもで作成の支援を行っています。

 

事業計画書は下記のような流れで作成していきます。

1.経営理念、事業の目的・概要・背景を明確にする

2.自社を分析する(保有技術・差別化点・強み弱みなど)

3.市場や競合を分析する

4.マーケティング分析を行い、戦略を策定する

5.収支計画、資本政策を作成する

 

スケジュールについては、上記の1~5の順に進め、2~3ヶ月で作成します。

ただし、上記は一般的な作成の流れです。

目的に応じて、順番を変えたり、省略するケースもあります。

他社との違い

協会ビジネスの事業計画

事業計画書づくりを支援します

既に協会として事業計画書を作成していても、私どもが作成を支援するケースは多々あります。

それは私どもが作る事業計画書には次のような4つの特徴があるからです。

 

1.ストーリー性を重視する

2.心理効果を意識する

3.誰でもプレゼンできる

4.見た目も意識する

 

この4つを踏まえた事業計画書は既存の事業計画書よりも交渉力や説得力が高く、様々な場面でご利用いただけます。

 

またこの事業計画書が何の目的に使うかによって、内容を変えています。

例えば資金調達が目的でも「銀行等の金融機関」「投資家」「ベンチャーキャピタル」など、相手によって内容を変えなければ事業計画書はうまく機能しません。

もちろん、協会ビジネスのための事業計画書であっても同様です。

 

4つの特徴と目的によって変化させること。

これが事業計画書では重要であり、他社とは異なる点です。

 

3C分析、マーケティングの4Pなど、ビジネス書や教科書どおりの事業計画書を作ろうと思っても、成果は出ません。

協会ビジネスとしての成果を求めるのであれば、私どもへご相談ください。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3431-2829

【営業時間】9:00〜18:00
【休業日】土曜・日曜・祝日