協会ビジネスのあらゆるお悩みをご解決!

協会ビジネスなび

〒105-0001 港区虎ノ門3-23-6 秀和虎ノ門三丁目ビル7階 (日比谷線「神谷町」駅から徒歩3分)

営業時間
9:00〜18:00 
休業日
土日祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

03-3431-2829

経営参謀による立て直し

経営参謀代行

経営参謀としてサポートします

経営参謀とは、「会社の目指す未来に向けて戦略を立案し、仕組みを作り、それを遂行する者のこと」です。

 

協会ビジネスで言えば、協会の理念やビジョンに基づいて、その実現のための戦略・仕組みづくり・実行する者ですが、協会にとってはこの経営参謀がいて、その者がしっかりとしていれば、立て直しを必要とすることはないでしょう。

 

私どもでは、この経営参謀を代行し、協会ビジネスの成功に向け、戦略や仕組みづくりをお手伝いします。

ただし、実行については協会側で行うことをオススメします。

なぜならば、私どもがいつまでも経営参謀としてサポートし続けず、協会として自社で行っていかなければいけない時期がいずれ来るからです。

 

当面は私どもが行い、どこかのタイミングでバトンタッチするというのが理想的でしょう。

そのために、いずれ経営参謀として活躍して欲しいという人材については私どもと共に戦略作りや仕組みづくりを行い、いずれは自力でできるように育成していくということも可能です。

そして育成された方はいずれ協会のトップの右腕として、経営参謀となり、協会ビジネスの発展に永続的に活躍していくことでしょう。

経営参謀が行うこと

私どもが代行するにせよ、いずれ育成し終えた方が行うにせよ、経営参謀としての仕事として最初に行うべきことは事業計画の策定です。

戦略を立て、それを実行に移すためには事業計画が必要です。

現状の課題を把握し、その対策を考え、詳細な実行計画を立てる。

この事業計画を実行するには、協会組織を変える必要があるかもしれませんし、経営資源を投入することがあるかもしれません。

それだけ経営参謀は重要な決断をするような計画に携わる者なのです。

そして、育成された経営参謀は、協会内でリーダーシップを発揮し、協会を引っ張っていかなければなりません。

 

経営参謀は協会の計画を立て、実行をするだけではありません。

常に外部環境や内部環境の変化に目を向け、環境が変化した時には新たな施策を講じなければいけません。そのためには内部の状況を把握することはもちろん、外部環境についてはアンテナを立て、情報への感度を高め続ける必要があります。

情報は、ヒト・モノ・カネに続く4つ目の経営資源とも言われています。

その情報を仕入れる姿勢は、経営参謀で居続ける限り、常に感度を高めなければいけないので、好奇心旺盛な方が向いていると言えるかもしれません。

 

立て直しのためだけでなく、協会ビジネスを展開するにあたり、経営参謀の必要性を感じている協会様はお気軽にご相談ください。

セカンドオピニオンなど、貴社にあったカタチでサポートします。

セカンドオピニオンはコチラ

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3431-2829

【営業時間】9:00〜18:00
【休業日】土曜・日曜・祝日