協会ビジネスのあらゆるお悩みをご解決!

協会ビジネスなび

〒105-0001 港区虎ノ門3-23-6 秀和虎ノ門三丁目ビル7階 (日比谷線「神谷町」駅から徒歩3分)

営業時間
9:00〜18:00 
休業日
土日祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

03-3431-2829

業界トップへの支援

業界トップを目指す

業界トップ以外は生き残れない

ビジネスの世界では業界No.1(トップ)の座をわがものにしようと、日々シェア争いが繰り広げられています。

昨今ではコンビニ業界が良い例ではないでしょうか。

大手三社(セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン)が店舗数でトップになろうと、M&Aにより店舗数を増やし続けています。

 

協会ビジネスにおいては、業界トップ以外は意味がありません。

業界トップとはどういうことか。

その業界において、最もスタンダードな協会は何処かということです。

 

スタンダードとはどういうことか。

例えば検定なら「〇〇検定と言えば」と独占的に思い出される検定を行っている協会です。

その業界において認定されるには、この協会に認定されること、と誰もが思いつく協会のことです。

 

では業界トップになるためにはどうすれば良いのでしょうか。

最低限の条件を満たしていることが必要ですが、その協会が持つノウハウ等を標準化し、金太郎飴のごとく全国いや全世界の講師がその標準化されたものを普及することができれば業界トップになっているでしょう。

 

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、どこよりも先に普及させることができれば、その地位を確固たるものにすることができます。

もし、1番になることができなければ、協会を運営し続けることは難しくなるといっても過言ではありません。

 

そういった意味ではビジネスの世界よりも過酷かもしれません。

なぜなら、トップにならないと生き残ることができない厳しい世界が協会ビジネスだからです。

 

業界トップになるためには標準化が必要と言いましたが、場合によっては他の方法でトップになることができるかもしれません。

その他の方法とは・・・

 

コレと決まった方法はないのかもしれませんが、一般的なビジネスに置き換え、参考になりそうな「M&A」「海外展開」「公益法人化」の3つについて別ページで説明していますので、業界トップを目指す協会様は参考までにご覧ください

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3431-2829

【営業時間】9:00〜18:00
【休業日】土曜・日曜・祝日